このページの本文へ
ページの先頭です。

西中国山地・比婆道後帝釈国定公園

印刷用ページを表示する掲載日2020年11月30日

特記事項(お知らせ)

 新型コロナウイルスに係る,感染防止に引き続き,御協力お願いします。

 また,冬季のキャンプ場は,休業している場合がありますので,事前に御確認願います。


西中国山地(にしちゅうごくさんち)国定公園

範囲:広島県(廿日市市・安芸太田町・北広島町)・島根県・山口県

昭和44(1969)年指定

三段滝(三段峡)

 中国山地の西部の冠山山地と,その周辺にある渓谷群を含む公園です。
 冠山山地は阿佐山(あさやま;1,218m),臥竜山(がりゅうざん;1,223m),恐羅漢山(おそらかんざん;1,346m),冠山(かんむりやま;1,339m),寂地山(じゃくちさん;1,337m)などの山々で,いずれも隆起準平原※の特徴を現し,山頂部はゆるやかですが,山腹面は急斜面をなし,そこに幾つもの美しい渓谷を介在させています。そして,この渓谷群こそこの公園の呼びものです。
 この公園の植生の大部分は,ブナ,ミズナラ,トチノキなどの落葉広葉樹を主とした温帯林ですが,三段峡や匹見峡などには,ウラジロガシを主とする暖帯性の常緑広葉樹の原生林が見られます。

 ※隆起準平原(りゅうき じゅんへいげん):準平原(長い年月を経て,ほぼ平らになった地表)が,地殻変動等を受け,隆起した(盛り上がった)もの。

 公園施設の概要(西中国山地) ※キャンプ可能でも,指定箇所外の火の使用(例:直火)はNGです。
公園名 歩道・
園地
駐車場 トイレ キャンプ 宿泊 スキー場 その他の施設
細見谷
(立野(たちの)野営場)
   
冠高原    
牛小屋高原   体験施設
恐羅漢山    
深入山   運動広場・テニス場・体験施設
三段峡    
聖湖    
八幡原   体験施設
大佐山    
雲月山    
天狗石山    
臥竜山    

 注:宿泊について,「〇」でなくても,周囲に民間等の宿泊施設がある場合がありますので,周辺情報もあわせてご確認ください。

比婆道後帝釈(ひばどうごたいしゃく)国定公園

範囲:広島県(庄原市・神石高原町)・島根県・鳥取県

昭和38(1963)年指定(平成15(2003)年一部変更)

雄橋(帝釈峡)

 中国山地のほぼ中央に位置する船通(せんつう),道後(どうご),比婆(ひば),吾妻(あづま)などの山々に,その南の帝釈峡(たいしゃくきょう)を加えた公園です。
 これらの山々は大抵ゆるやかな高原状をなし,隆起準平原の特徴を現しています。それを被っていた森林は砂鉄の精錬のため,永年にわたって伐採されてきたので,多くは草原になっています。しかし,ところによっては自然林も残り,比婆山(1,264m)のブナの純林などは貴重です。
 一方,帝釈峡は石灰岩の渓谷で,付近はカルスト地形※がよく発達し,ドリーネ※やウバーレ※,雄橋(おんばし),雌橋(めんばし)の天然橋などもあります。

 ※カルスト地形:秋吉台(山口県)で有名な石灰岩特有の地形。「カルスト」は,スロベニア(旧ユーゴスラビア)の「クラス地方(のドイツ語読み)」に由来。
 ドリーネ・ウバーレ:水に溶けやすい性質を持つ石灰岩の層が,雨などにより侵食された「くぼみ」。「ウバーレ」は,その「くぼみ」が集まるなど,大きくなったもの。

 公園施設の概要(比婆道後帝釈) ※キャンプ可能でも,指定箇所外の火の使用(例:直火)はNGです。
公園名 歩道・
園地
駐車場 トイレ キャンプ 宿泊 スキー場 その他の施設
吾妻山 (休業中)
道後山  
帝釈公園 運動広場・テニス場
下帝釈  
上帝釈  

 注:宿泊について,「〇」でなくても,周囲に民間等の宿泊施設がある場合がありますので,周辺情報もあわせてご確認ください。

国立公園と国定公園の違い

 国公園と国公園一文字違うだけで,何が違うのか疑問に思われるかもしれません。

 簡単に言えば,次のとおりです。
 国(環境省)が指定及び管理運営を行うものが,国立公園
 
国が指定するものの,管理運営が都道府県に任されているものが国定公園となります。

 なお,国定公園の場合,実際の管理が公園の所在地の地方自治体に任されている場合(権限移譲)がありますので,ご注意ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする