ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県県産木材利用促進条例(案)に対する県民意見の募集の結果

印刷用ページを表示する掲載日2018年9月14日

 平成30年7月24日から8月25日までの間,条例素案に対する県民意見の募集を行い,1件の御意見をいただきました。ありがとうございました。

 いただいた御意見について,次のとおり対応方針を取りまとめました。

意見の内容

対応・考え方

 第1条の目的において、「品質の高い製品を安定的に供給」とされている。
 しかしながら、誰が品質の高い製品を供給するのでしょうか。
 県がするのか、あるいは、市町、森林所有者、木材産業事業者、建築関係事業者及び県民のいずれかがするのか、あるいは、県、町、森林所有者、木材産業事業者、建築関係事業者及び県民の全員がするのでしょうか?あるいはあえて明記まではしないが関係者がするのでしょうか?

 木材の供給自体は木材産業事業者が行いますが、県産木材の利用促進を図り、品質の高い製品を安定的に供給していくためには、県、市町、森林所有者、木材産業事業者、建築関係事業者及び県民がそれぞれの役割等を果たし、関係者が協力・連携していくことが重要であり、本条例において役割等を定めています。

 

このページに関連する情報

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

  • 議長あいさつ
  • 議会カレンダー
  • みんなの県議会
  • 県議会からのお知らせ
  • インターネット中継
  • 議事録と閲覧と検索
  • 県議会の情報公開