ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 照林坊山門

照林坊山門

【解説】
本堂の前方に位置する。間口3.3mの四脚門。切妻造銅板葺で,正・背面に軒唐破風を付ける。組物は支輪付の出組で,正・背面は詰組に配する。二軒繁垂木。妻虹梁大瓶束。格天井を張り,両開板戸をたてる。繰形は複雑で,絵様も繊細で手が込んでいる。 

名称 照林坊山門
よみがな しょうりんぼうさんもん
指定 国登録
種別  
種類 建造物
所在地 三次市三次町
員数 1棟
指定年月日 【登録年月日】平成23年7月25日
構造形式 木造,銅板葺
法量

間口3.3m

公開状況 常時公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日   
入館料  
所在地  
電話番号
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする