ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 照林坊鐘撞堂

照林坊鐘撞堂

【解説】
本堂の東南に位置する。切石積基壇に建つ桁行一間梁間一間の吹放ち鐘楼。入母屋造桟瓦葺。礎盤に粽付円柱を内転びにたて,貫や台輪で固め,尾垂木付二手先斗きょうを組む。柱間中央にも斗きょうを置き,その間に蟇股を飾る。二軒繁垂木。近世建立になる良質な鐘楼。

名称 照林坊鐘撞堂
よみがな しょうりんぼうかねつきどう
指定 国登録
種別  
種類 建造物
所在地 三次市三次町
員数 1棟
指定年月日 【登録年月日】平成23年7月25日
構造形式 木造,瓦葺
法量

建築面積16平方メートル

公開状況 常時公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日   
入館料  
所在地  
電話番号
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする