ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 三楽荘離れ

三楽荘離れ

【解説】
 主屋の北側に建ち前後に庭を配する。桁行13m,梁間9.9m,木造二階建,入母屋造桟瓦葺で,一階周囲の屋根を下屋とする。東面は二階に木瓜形の格子窓を穿ち,庭園に面する西面は開放的なつくりとする。内部意匠も優雅な接客施設である。
 明治42年建設。

名称 三楽荘離れ
よみがな さんらくそうはなれ
指定 国登録
種別  
種類 建造物
所在地 庄原市東城町東城
員数 1棟
指定年月日 【登録年月日】平成23年1月26日
構造形式 木造二階建,入母屋造桟瓦葺
法量 建築面積124平方メートル
公開状況 外観公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする