ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 村上家住宅腕木門

村上家住宅腕木門

【解説】
 主屋南面の庭を画する門で,左右に瓦塀を付ける。3.5m間隔で本柱をたて,腕木で軒桁を支持。一軒疎垂木。切妻造桟瓦葺。 
 本柱間を?(ひさし)で固め,上に井桁の欄間を飾り,下は両脇を土壁とし,中央に引分け戸をたてる。瀟洒な意匠をもち,庭園の景観要素となる。 

名称 村上家住宅腕木門
よみがな むらかみけじゅうたくうでぎもん
指定 国登録
種別  
種類 建造物
所在地 福山市今津町
員数 1棟
指定年月日 【登録年月日】平成22年9月10日
構造形式 木造,瓦葺,塀付
法量 間口3.4m
公開状況 外観公開(ただし敷地内立入禁止)
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする