ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 目鏡橋

目鏡橋

【解説】
 芦田川水系乙川に架かり,尾道と三次を結ぶ旧幹線道路の橋梁。
 橋長6.6m,幅12mの花崗岩を用いた半円の石造単アーチ橋で,左右に石造擁壁を附属する。
 坑門は布積で精緻に築く。
 県内では数少ない石造アーチ橋の一つで,明治の道路近代化の歴史を物語る。

名称 目鏡橋
よみがな めがねばし
指定 国登録
種別  
種類 建造物
所在地 世羅郡世羅町小世良
員数 1基
指定年月日 【登録年月日】平成22年4月28日
構造形式 石造上路式単アーチ橋
法量 橋長6.6m,径間4.44m,幅12m,高さ9.44m
公開状況 公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする