ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 信岡家住宅西の蔵

信岡家住宅西の蔵

【解説】
 主屋の西方に位置する。桁行(東西)13m,梁間(南北)5.1m,切妻造,本瓦葺の2階建土蔵で,道具蔵として利用されている。内部は東西の2室に分割され,東から南面に桟瓦葺の庇をまわし,東面と南面に戸口を設ける。腰部や庇上部等に意匠の異なる海鼠壁を配して変化をもたせている。
 『操出記録(とりだしきろく)』には,文化5年(1808)に「西之土蔵」を建て替えたという記事が見え,現存建物の中では最古のものとみられる。

名称 信岡家住宅西の蔵
よみがな のぶおかけじゅうたくにしのくら
指定 国登録
種別  
種類 建造物
所在地 福山市新市町
員数 1棟
指定年月日 【登録年月日】平成20年4月18日
構造形式 土蔵造2階建,本瓦葺
法量 建築面積66平方メートル
公開状況 外観公開(ただし敷地内立入禁止)
交通案内 ○JR福塩線「戸手駅」から北西に約450m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする