ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 白滝山荘(旧ファーナム住宅)

白滝山荘(旧ファーナム住宅)

【解説】
白滝山荘は,因島市の北部にある霊山白滝山(標高226.9m,市指定史跡・名勝)の登山口に位置するアメリカ人宣教師の居宅で,斜面に建ち,1階を鉄筋コンクリート造,2・3階を木造とする。急傾斜屋根にドーマー窓を付けたハーフティンバー・スタイルの洋館で,ヴォーリズ建築事務所の作風の一端をよく伝えている。

名称 白滝山荘(旧ファーナム住宅)
よみがな しらたきさんそう(きゅうふぁーなむじゅうたく)
指定 国登録
種別  
種類 建造物
所在地 尾道市因島重井町
員数 1棟
指定年月日 【登録年月日】平成11年10月14日
構造形式 木造一部鉄筋コンクリート造3階建,瓦葺,昭和6年頃建設
法量 建築面積105平方メートル
公開状況 1987年からペンション白滝山荘として開業
交通案内 ○JR「尾道駅」,「新尾道駅」から「因島土生港行」バスで西瀬戸自動車道「因島北I.C入口」下車,北西へ約1.3km
○三原港から高速船・フェリーで「重井港」下船,東へ約2km
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする