ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 呉市水道局三永水源地堰堤

呉市水道局三永水源地堰堤

【解説】
三永水源地は,東広島市西条町南東部の下三永地区にあり,黒瀬川の支流・下三永川に築造された貯水池である。
急増する水需要を賄うため,西条町の三永川に建設された重力式コンクリート造の水道用ダムである。堤長145m,堤高14mと巨大で,主堤部中央は緩やかに湾曲する。貯水量は264万トンで,貯水池周辺は公園化し藤の名所として知られる。 

名称 呉市水道局三永水源地堰堤
よみがな くれしすいどうきょくみながすいげんちえんてい
指定 国登録
種別  
種類 建造物
所在地 東広島市西条町
員数 1基
指定年月日 【登録年月日】平成11年7月8日
構造形式 コンクリート造堰堤,昭和18年建設
法量 堤長145m,堤高14m
公開状況 開花期を中心に3月下旬~5月下旬に公開
交通案内 ○JR「西条駅」から「黒瀬・広駅行」バスで「三永水源地前」下車,東に約500m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする