ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 本郷のはやし田

本郷のはやし田

【解説】
はやし田は,太陽を父とし水の精を母とする田の神「サンバイ」をお迎えして,その加護によって無事田植が終了し,かつまた,秋の収穫の大なることを願う神事であるが,美土里町のはやし田はその意味をもって現在に伝えている。
三つのはやし田(本郷のはやし田,生田のはやし田,桑田のはやし田)とも山県郡に残る安芸系のはやし田とよく似ているが,田植歌は本郷のは種類が多く,安芸系のものを豊富に伝承するほか石見系をも包含しており,生田には「生田ぶし」,桑田には「桑田ぶし」,というこの地方でうたいだされた比較的緩調子の歌を残している。

名称 本郷のはやし田
よみがな ほんごうのはやしだ
指定 県指定
種別 無形民俗文化財
種類  
所在地 安芸高田市美土里町
員数  
指定年月日 昭和48年12月18日
構造形式  
法量  
公開状況 公開時期:5月下旬の日曜日,公開場所:地元のほ場
交通案内 ○中国自動車道高速バス停「美土里」下車,北へ約5km
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする