ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 神楽―鐘馗―

神楽―鐘馗―

【解説】
毎年10月29日の宵宮に舞われるこの神楽は,芸北地方の各神楽団が得意とする演目の一つで,梶矢神楽団の鐘馗(しょうき)はその精妙さで著名である。
この舞は,中国の金馗(きんき)の故事に材をとり,わが国の神話に趣向をかえて,素盞鳴尊(すさのおのみこと)が虚耗と言う四百余病の病魔の象徴を退治することを内容とし,右手に十束の剣,左手に病魔の正体を見破る茅の輪を持った素盞鳴尊と,鬼面で鬼棒を持った虚耗の争闘の場は勇壮華麗である。

名称 神楽―鐘馗―
よみがな かぐら―しょうき―
指定 県指定
種別 無形民俗文化財
種類  
所在地 安芸高田市高宮町
員数  
指定年月日 昭和29年4月23日
構造形式  
法量  
公開状況 不定期
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする