ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 神楽―剣舞―

神楽―剣舞―

【解説】
所伝によると,江戸時代後期(18・19世紀)に石見国阿須那の神職斎藤氏から伝授されたという神楽で,毎年秋祭に氏神へ奉納される。
この神楽は,四方の神,つまり東方の木の神(青色)である久々能智命(くぐのちのみこと),南方は火の神(赤色)の迦具土命(かぐつちのみこと),西方は金の神(白色)の金山彦命(かなやまひこのみこと),北方は水分神(黒色)であるミズハメの命の四神が相携えて舞い,中央の土公(どこう)神(黄色)である埴安(はにやす)命(一名天御中主命)をお迎えするという舞である。四神は剣を彩って悪魔払いを舞い,四方につるした天蓋をひいて中央神を迎えるのである。

名称 神楽―剣舞―
よみがな かぐら―けんまい―
指定 県指定
種別 無形民俗文化財
種類  
所在地 安芸高田市高宮町
員数  
指定年月日 昭和29年4月23日
構造形式  
法量  
公開状況 不定期
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする