ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 帝釈始終のコナラ

帝釈始終のコナラ

【解説】
丘陵南西斜面,海抜約530mのところに樹高約30mの大きな樹冠を広げ,一際目立って生育している。主幹はやや南東に傾き,地上4.5mで2支幹に分かれる。主幹は,両側に浅い溝がある楕円柱状で,2本の木が癒着したようにも見えるが,確定はできない。
コナラは日本(北海道,本州,四国,九州)と朝鮮半島に広く分布し,広島県でもごく普通に見られる落葉広葉樹である。昔から,薪炭材,シイタケ栽培のほだ木,その他の用材として利用されてきたので,全国的にも大木は少ない。

名称 帝釈始終のコナラ
よみがな たいしゃくししゅうのこなら
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 庄原市東城町
員数  
指定年月日 平成6年2月28日
構造形式  
法量 樹高約30m
公開状況 常時公開
交通案内 ○JR「東城駅」から「始終方面行」バスで「始終名越」下車,北東へ約700m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする