ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 川尻のソテツ

川尻のソテツ

【解説】
川尻のソテツは樹高約7mの雌株で,主幹に沿って小枝が重なりあうのに反して,支幹上の子株は極めて少なく,第6支幹の下部に直径が5~10cmのものが,数個見られるだけである。諸所にノキシノブが着生している。川尻のソテツの根元周囲6.1mの大きさは,国指定のソテツの天然記念物に伍して遜色がない大きさである。

名称 川尻のソテツ
よみがな かわじりのそてつ
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 呉市川尻町
員数  
指定年月日 昭和59年11月19日
構造形式  
法量  
公開状況 個人宅のため,事前に呉市教育委員会(0823-25-3463)に問い合わせが必要
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする