ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 宍戸神社の社叢

宍戸神社の社叢

【解説】
本社叢は海抜約280mの小丘にあり,モミ・スギ・ヒノキなどの針葉樹と常緑広葉樹のシラカシによって形成されている。人為がかなり加わってはいるが,胸高幹囲2mを越えるモミの大木が十数本もあり,また,シラカシが多く,広島県内陸部に発達する森林の本来の林相(シラカシ・モミ)をよくとどめており学術上貴重なものである。

名称 宍戸神社の社叢
よみがな ししどじんじゃのしゃそう
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 安芸高田市甲田町
員数  
指定年月日 昭和54年11月2日
構造形式  
法量  
公開状況 常時公開
交通案内 ○JR「甲立駅」から北西へ約3.2km
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする