ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 仏通寺のイヌマキ

仏通寺のイヌマキ

【解説】
イヌマキは本州中南部,四国,九州および沖縄に分布し,数十年以前には,各地にその径1.0m以上の大木が生育していたようであるが,本樹のように樹高約20m,胸高幹囲3.52mの巨樹は極めて稀である。雌株で,短楕円状の樹冠を形成し,樹勢は極めて旺盛である。
なお,本樹は仏通寺開山の愚中周及禅師のお手植と伝えられている。

名称 仏通寺のイヌマキ
よみがな ぶっつうじのいぬまき
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 三原市高坂町
員数  
指定年月日 昭和36年11月1日
構造形式  
法量  
公開状況 常時公開
交通案内 ○JR「三原駅」から「佛通寺行」バスで終点下車,北東へ約100m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする