ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 鶴亀山の社叢

鶴亀山の社叢

【解説】
本社叢の一部は,常緑広葉樹を主とし,各層にはアラカシが優占して,アラカシの純林(アラカシ・ヒサカキ分群集)の感があり,これにつる植物が加わって暖帯林の代表的な景観を呈している。この外の部分ではアカマツやツツジ科の植物が優位を占め,一部にイワヒバ・イワオモダカなども生育し,アオネカズラとともに本社叢の重要性を高めるものである。なお,八幡神社の前庭南東の隅には,根回り周囲4.8m,胸高幹囲4.2m,樹高約8mに及ぶアベマキの巨樹がある。

名称 鶴亀山の社叢
よみがな つるかめやまのしゃそう
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 東広島市河内町
員数  
指定年月日 昭和30年9月28日
構造形式  
法量  
公開状況 常時公開
交通案内 ○JR「入野駅」から南へ約1km
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする