ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 光永寺のカヤ

画像はありません

【解説】
本樹の主幹は,ほとんど真直ぐにのびており,地上9.5m付近で,西,南,北の三方向にはじめて小枝を分かつ。それより約0.5m高でやや太い枝を北東方に出し,光永寺鐘楼をおおう。主幹は上に向って漸次細まるが,20m付近で急速に細くなる。樹勢はきわめて旺盛で多数の果実をつける。本樹はカヤとして県内有数の巨樹であり,独立木の典型的な美しい樹形を示している。

名称 光永寺のカヤ
よみがな こうえいじのかや
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地  
員数  
指定年月日 昭和30年1月31日
構造形式  
法量  
公開状況 非公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする