ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 梅木平古墳

梅木平古墳(梅慶庵)

【解説】
本郷町の沼田川中流にそそぐ梨和川・尾原川の狭い谷間には,家形石棺などを納める特色ある横穴式石室墳が分布し,梅木平古墳はその東端の南面した丘陵端に位置する。墳丘は周辺が畑となり,規模は不明であるが円墳と思われる。県内では最大規模の横穴式石室を内部主体とし,現存の全長13.25m,奥壁幅3.02m,高さ4.21mで,入口部分が破損しているので,もう少し長くなろう。両袖式の石室で,玄室と羨道部の天井部の高さの差が著しい。7世紀初頭前後の古墳と推定される。墳丘の小堂(梅慶庵)には平安時代(794~1184)の仏像2体が安置され,古墳の東約200mには,白鳳時代(7世紀後半)の寺院跡である横見廃寺跡(史跡)がある。

名称 梅木平古墳
よみがな ばいきひらこふん
指定 県指定
種別 史跡
種類  
所在地 三原市本郷町
員数  
指定年月日

昭和24年10月28日

平成24年1月26日(名称変更,地域追加)

構造形式 7世紀初頭,横穴式石室
法量 玄室/長さ13.25m,幅3.02m,高さ4.2m
公開状況 常時公開
交通案内 ○JR「本郷駅」から西へ約2.5km(本郷中学校の西へ約100m)
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする