ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 貞丸古墳

貞丸古墳

【解説】
御年代古墳(史跡)の西南約500mの丘陵斜面に南面して築かれた円墳で,横穴式石室を内部主体とする。石室は羨道部が大きく破壊されており,玄室部の長さ4.37~4.93m,幅2.09m,高さ2.15mが残る。しかし,南端の両側の石が柱状に立てられ,それに鴨居状の石がわたされているところからすると,その先は羨道(せんどう)ではなく前室となる可能性もある。玄室内には,長さ2.15m,幅1.15m,高さ60mの凝灰岩製の刳抜式(くりぬきしき)家形石棺の身がおかれている。蓋の所在はあきらかでない。この凝灰岩製家形石棺は,兵庫県高砂市付近に産出する竜山石で,播磨から運びこまれたとみられている。7世紀前半頃の古墳と推定される。

名称 貞丸古墳
よみがな さだまるこふん
指定 県指定
種別 史跡
種類  
所在地 三原市本郷町
員数  
指定年月日 昭和24年10月28日
構造形式 横穴式石室
法量 玄室/奥行4.93m,高さ2.15m,
家形石棺/長さ2.15m,幅1.15m,刳抜式
公開状況 常時公開
交通案内 ○JR「本郷駅」から南西へ約4.5km
○国道2号沿いの南方郵便局から西へ約800m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする