ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 水野勝成墓

水野勝成墓

【解説】
水野勝成は,福山藩の初代藩主で福山城を築城し,芦田川のデルタに城下町を築いた。慶安4年(1651),88歳で没し,菩提寺賢忠寺の境内に葬られた。水野家の墓地は,戦後の都市計画で賢忠寺と分断され,鉄道に沿って北側にある。勝成の墓は巨大な五輪塔で,高さ5.1mである。

名称 水野勝成墓
よみがな みずのかつなりはか
指定 県指定
種別 史跡
種類  
所在地 福山市若松町
員数  
指定年月日 昭和18年3月26日
構造形式 五輪塔
法量 高さ5.1m
公開状況 常時公開
交通案内 ○JR「福山駅」からガードの北側に沿って東へ約700mの賢忠寺墓地内。
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする