ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 菅波信道一代記

菅波信道一代記

【解説】
本書は,備後国安那郡川北村(現福山市神辺町大字川北)の尾道屋菅波家11代当主であった菅波信道(寛政4年~慶応4年(1792~1868))が口述筆記して作成した自叙伝である。
本書には,彩色の挿図が多用され,災害や事件に関する挿図はもとより,酒造や酒販売の実況を伝える挿図など,当時の日常生活・世相・風俗を余すところなく伝えている。

名称 菅波信道一代記
附箱2合
よみがな すがなみのぶみちいちだいき
指定 県指定
種別 重要文化財
種類 典籍
所在地 福山市神辺町
員数 75冊
指定年月日 平成14年2月14日
構造形式 形状/半紙二ツ折冊子装
(箱)覆箱桐材
法量 縦27.3cm
横19.7cm
(箱)蓋縦33.3cm横25.4cm深さ40.4cm
身縦31.5cm横23.5cm深さ40.7cm
公開状況  
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする