ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 紙本墨書大般若経(尾道市美ノ郷町)

紙本墨書大般若経

【解説】
平安時代の永久6年(1118)に明法生藤原季行が書写した旨を記している。巻第百五十三及び巻第百五十四の二帖が伝えられ,各巻に奥書がある。1行17文字,界線は墨書である。

名称 紙本墨書大般若経
よみがな しほんぼくしょだいはんにゃきょう
指定 県指定
種別 重要文化財
種類 典籍
所在地 尾道市美ノ郷町
員数 2帖
指定年月日 昭和30年1月31日
構造形式 紙本墨書,折本
法量  
公開状況 非公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする