ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 琵琶

琵琶

【解説】
厳島神社の社伝によると「玄上の琵琶」と称し,別名「谷川の琵琶」ともいう。
腹板裏面の墨書名から,弘長2年(1262年)10月11日に玄上の琵琶を模して唯念(ゆいねん)が製作したことが知られる。
四絃琵琶(よんげんびわ)として,鎌倉時代(1192~1332)の年号並びに作者名をも明記する稀有の品であり,正倉院の遺例と比較しても,その製作に古例をとどめている。

 

名称 琵琶
附旧捍撥(かんぱち)革1枚
よみがな びわ
指定 県指定
種別 重要文化財
種類 工芸品
所在地 廿日市市宮島町
員数 1面
指定年月日 平成14年2月14日
構造形式 四絃琵琶(よんげんびわ)
法量 全長101.2cm
腹板幅(ふくばんはば)40.5cm
公開状況 厳島神社宝物名品展で一部公開
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km
関連施設 名称 厳島神社宝物館
開館時間 8時~17時
休館日 なし
入館料 一般300円(250円),高校生200円(150円),小・中学生100円(70円)
※( )は50人以上の団体,特別展は別料金
所在地 廿日市市宮島町
電話番号 0829-44‐2020
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする