ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 金銅製五鈷鈴

金銅製五鈷鈴

【解説】
密教法具の一つである金剛鈴には,独鈷鈴,三鈷鈴,五鈷鈴,宝珠鈴,宝塔鈴がある。
この金剛鈴は金銅鋳造である。五股の張りはやや弱いが,蓮弁のしぼりは強く,柄の中程の猪目(いのめ)もいま一段太目がほしいが,鈴傘部の蓮弁の鋳出も顕著で,その外を廻る芯も細芯につくり,鈴胴を巻く子持ち帯も製作時代を特徴づけている。室町時代中期(15世紀)に製作されたと思われる数少ない遺品である。

 

名称 金銅製五鈷鈴
よみがな こんどうせいごこれい
指定 県指定
種別 重要文化財
種類 工芸品
所在地 廿日市市廿日市
員数 1口
指定年月日 昭和60年12月2日
構造形式 金銅製
法量 高さ18.0cm,鈴口径外回り7.5cm,内径5.0cm
公開状況 非公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする