ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 太鼓(世羅郡世羅町)

画像はありません

【解説】
 胴内に墨書銘があるが判別しにくい。分かったものでは,文明18年(1486)と天正10年(1582)の銘がある。
 太鼓の作り方が珍らしく,胴張がなく自然木をくったままで,両側の皮は,細い皮ひもで引っぱってしめてある。胴の内側には,三方から鉄のわつなぎがあり,何らかの音響効果をねらったものと考えられる。

 

名称 太鼓
よみがな たいこ
指定 県指定
種別 重要文化財
種類 工芸品
所在地 世羅郡世羅町
員数 1張
指定年月日 昭和41年4月28日
構造形式 胴張なし
法量 径55cm,胴の幅56cm。
公開状況 大田庄歴史館で保管
交通案内 ○山陽自動車道「尾道I.C」から車で25分
○山陽自動車道「三原久井I.C」から車で20分
○「広島バスセンター」から「ピースライナー」(広島~甲奴)バスで「甲山」下車,約300m
関連施設 名称 大田庄歴史館
開館時間 9時~17時(入館16時30分)
休館日 毎月第3火曜日,毎週月曜日(休日の場合は翌日),12月29日~1月3日
入館料 一般200円(140円),こども100円(70円)
※( )は20人以上の団体
所在地 世羅郡世羅町大字甲山
電話番号 0847-22‐4646
交通案内 ○山陽自動車道「尾道I.C」から車で25分
○山陽自動車道「三原久井I.C」から車で20分
○「広島バスセンター」から「ピースライナー」(広島~甲奴)バスで「甲山」下車,約300m

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする