ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 太鼓(尾道市東久保町)

太鼓

【解説】
胴内銘によると,正和5年(1316)に大工教通・友延により製作されたもので,皮に墨で雲龍と鳳凰がかかれており,鋲留(びょうどめ)である。また,皮の張り替えは,延元元年(1336)・延文4年(1359)・応永6年(1399)・応永34年(1427)・元和4年(1618)の5回あり,何年で張り替えたかがわかり,歴史的資料としては珍しい。

 

名称 太鼓
よみがな たいこ
指定 県指定
種別 重要文化財
種類 工芸品
所在地 尾道市東久保町
員数 1張
指定年月日 昭和41年4月28日
構造形式 皮に墨で雲龍と鳳凰が描かれ,鋲とめ
法量 径96cm,高さ88cm,胴回り301.5cm
公開状況 拝観時間:9時~16時30分,料金:500円(本堂,阿弥陀堂,庭園共通)
交通案内 ○JR「尾道駅」から「尾道市内本線東行」バスで「浄土寺下」下車
関連施設 名称 浄土寺宝物館
開館時間 9時~16時30分
※入館希望者は浄土寺に申込
休館日 無休
入館料 400円
所在地 尾道市東久保町
電話番号 0848-37-2361
交通案内 ○JR「尾道駅」から「尾道市内本線東行」バスで「浄土寺下」下車

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする