ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 戸張

画像はありません

【解説】
舶来の緞子(どんす)と思われる布の上部をつづったもので,これには梵字,観音経の一節のほか,永禄10年(1567)に吉光弥三郎なる者が奉納した旨が墨書してある。
「敬白,奉掛御八幡戸張之事」
「具一切功徳,慈眼視衆生,福聚海無量,是故応頂礼」
「右為,護持信心之大施主立願成就,皆令満足,息災延命,如意吉祥祈所而巳,
永禄十年丁卯五月吉日,吉光弥三郎壬,寅歳敬白」

名称 戸張
(永祿十年丁卯五月吉日と墨書がある)
よみがな とばり
指定 県指定
種別 重要文化財
種類 工芸品
所在地 世羅郡世羅町
員数 1掛
指定年月日 昭和32年2月5日
構造形式  
法量 縦174cm,幅183cm(幅61cmの布3枚をつづる)
公開状況  
交通案内 ○JR「備後三川駅」から「甲山方面行」バスで「小草」下車
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする