ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 木造阿弥陀如来坐像(府中市元町)

木造阿弥陀如来坐像

【解説】
本像は,割矧(わりはぎ)造りで,頭・体とも前後にニ材を合わせている。螺髪(らほつ)は切付螺髪である。面貌は若く張りがあり,引き締まったやや胴長の肉身にまといかかる衲衣(のうえ)は,胸襟で動きがある処理がなされているなど,像の各部が見事な彫刻的均合を保ち,前身に若々しい生気あふれた勇健な表現となっている。全国的に見ても鎌倉時代前半期(13世紀)を代表する傑作である。

名称 木造阿弥陀如来坐像
よみがな もくぞうあみだにょらいざぞう
指定 県指定
種別 重要文化財
種類 彫刻
所在地 府中市元町
員数 1躯
指定年月日 平成7年9月21日
構造形式 割矧造,漆地金泥彩,玉眼
法量 像高71.7cm
公開状況 事前に連絡必要(0847‐45‐8009,雨天等,断られる場合あり)
交通案内 ○JR「府中駅」から北東へ約700m
○「福山府中線」バスで「元町」下車,北西へ約700m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする