ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 木造天部立像(廿日市市原)

木造天部立像

【解説】
鎌倉時代(1192~1332)の像で,大きさや彫り方などから,不動明王(県重要文化財)と同じ所に安置していた可能性がある。
目は木眼とする。体には長袖の衣を着け,その上から甲胄(かっちゅう)をまとった武装の姿をしている。胄(かぶと)の腹部には革帯の花形獅噛(しかみ)を表わし,右手を腰に,袖を翻して動的姿勢をよく表現している。用材の巧みな使用法は,同寺の不動明王像に劣らぬものがある。頭部甲等の欠損及び左肩以下の欠失は残念である。

名称木造天部立像
よみがなもくぞうてんぶりゅうぞう
指定県指定
種別重要文化財
種類彫刻
所在地廿日市市原
員数1躯
指定年月日昭和60年12月2日
構造形式一木造
法量像高75.0cm
公開状況非公開
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする