ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 木造阿弥陀如来立像(福山市内海町)

画像はありません

【解説】
木彫寄木造である。頭部胴部を一木をもってよく応用して,木目を左右均等に衣文にまで応用するなど,巧みな彫法を施している。
台座,光背(こうはい)は後補と見られる。室町時代中期(15世紀)の作である。
西音寺は真言宗寺院である。

名称 木造阿弥陀如来立像
よみがな もくぞうあみだにょらいりゅうぞう
指定 県指定
種別 重要文化財
種類 彫刻
所在地 福山市内海町
員数 1躯
指定年月日 昭和54年3月26日
構造形式 寄木造,玉眼
法量 像高83.5cm
公開状況 事前に連絡必要(西音寺:084-986-2841)
交通案内 ○JR「福山駅」から「新川線(沼南線)」バスで「沼隈町役場前」下車,「内海町線」バスに乗り換え「横島農協前」下車,西へ約300m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする