ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 木造地蔵菩薩半跏像(東広島市河内町)

木造地蔵菩薩半跏像

【解説】
この像は竹林寺の子院のひとつである乾蔵坊の本尊であったものである。漆箔,檜材のすぐれた作で,右手に錫杖,左手に宝珠を持ち,右脚半跏(はんか)で左脚をのばした姿で台座に坐っている。この菩薩像はかつてひどく破損していたため,その胎内銘が知られているが,それによると建武5年(1338)の作という。

名称 木造地蔵菩薩半跏像
よみがな もくぞうじぞうぼさつはんかぞう
指定 県指定
種別 重要文化財
種類 彫刻
所在地 東広島市河内町
員数 1躯
指定年月日 昭和38年11月4日
構造形式 寄木造,漆箔
法量 像高84cm,膝張48cm
公開状況 河内町教育委員会へ事前に連絡必要(0824-37-1122)
交通案内 ○JR「入野駅」から西へ約5km
○JR「河内駅」から南へ約4km
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする