ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 木心乾漆日光菩薩立像

木心乾漆日光菩薩立像

【解説】
弘仁4年(813)に創建された青目寺(しょうもくじ)に現存する代表的仏像で,寛保3年(1743)に,山の中腹の現在地へ移されたという。平安時代(794~1191)以来の古仏像群の中でもひときわすぐれたこの像は,平安時代初期の作品と言われ,本尊の十一面観音の脇侍として伝存している。衣文の彫りがやや浅く見えるが,これは乾漆(かんしつ)の手法によっているためと思われる。

名称 木心乾漆日光菩薩立像
よみがな もくしんかんしつにっこうぼさつりゅうぞう
指定 県指定
種別 重要文化財
種類 彫刻
所在地 府中市本山町
員数 1躯
指定年月日 昭和30年3月30日
構造形式 一木造
法量 像高88cm
公開状況 事前に連絡必要(雨天等により,断られる場合あり)
交通案内 ○JR「府中駅」から北へ約2.5km
○「本山方面行」バスで「本山」下車,北西へ約1km,又は,「本山峠」下車,西へ約1km
関連施設 名称 青目寺収蔵庫
開館時間 事前に連絡必要
休館日  
入館料  
所在地 府中市本山町
電話番号 0847-45-4459(西龍寺住職宅)
交通案内 ○JR「府中駅」から北へ約2.5km
○「本山方面行」バスで「本山」下車,北西へ約1km,又は,「本山峠」下車,西へ約1km

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする