ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 絹本著色仁王経曼荼羅

絹本著色仁王経曼荼羅

【解説】
鎌倉時代中期(13世紀)の作。方形の三区画に分けられ,中央に不動明王,周囲に四大明王や四天王などを描いている。
仁王経曼荼羅とは,国家人民の安穏を目的とする「仁王経法」という修法の本尊である。息災,増益,敬愛,調伏(ちょうふく)など四種の修法を行うときに懸けられていた。
この図は息災法用で,山口県神上寺に伝わる図の原本を写したと考えられている。

名称 絹本著色仁王経曼荼羅
よみがな けんぽんちゃくしょくにおうきょうまんだら
指定 県指定
種別 重要文化財
種類 絵画
所在地 尾道市東久保町
員数 1張
指定年月日 昭和62年3月30日
構造形式 絹本著色,軸装
法量 縦161cm,横128.5cm
公開状況 浄土寺宝物館(0848-37-2361)に展示(展示替えにより見学できない場合あり)
時間:8時30分~17時,※入館希望者は浄土寺に申込
入館料:400円
交通案内 ○JR「尾道駅」から「尾道市内本線東行」バスで「浄土寺下」下車
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする