ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 絹本著色覚海禅師像

画像はありません

【解説】
浄久寺は,備後における曹洞宗の巨刹徳雲寺(東城町)の第二世鼎庵宗梅(ていあんそうばい)が,宮高盛を開基檀那として建てた寺である。覚海はその浄久寺第二世で,画は天正8年(1580)に宮景盛が寄進したこととともに覚海禅師自賛の七言律詩が記されている。

名称 絹本著色覚海禅師像
よみがな けんぽんちゃくしょくかくかいぜんじぞう
指定 県指定
種別 重要文化財
種類 絵画
所在地 庄原市西城町
員数 1幅
指定年月日 昭和45年5月14日
構造形式 絹本著色,軸装
法量 縦92.5cm,横47.5cm
公開状況 非公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする