ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 刺繍釈迦三尊種子曼荼羅

刺繍釈迦三尊種子曼荼羅

【解説】
著色絹糸で上方に天蓋を刺繍し,中央の三個の円光の中の蓮座に,毛髪で刺繍した種字がのる。その下には三脚の円机上に火舎,花瓶を刺繍して供え,三尊を祀る形をあらわしている。蓮座蓮弁の糸は,暈繝(うんかん)式の色調であらわし美麗である。表装中廻しの裂の上方には散華,下方には蓮池を織った豪華なもので,刺繍技工を知るうえに貴重である。室町時代(1333~1572)の作。

名称 刺繍釈迦三尊種子曼荼羅
よみがな ししゅうしゃかさんぞんしゅじまんだら
指定 県指定
種別 重要文化財
種類 絵画
所在地 尾道市西久保町
員数 1幅
指定年月日 昭和44年4月28日
構造形式 絹糸刺繍,軸装
法量 縦73cm,横27.5cm
公開状況 非公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする