ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 絹本著色弘法大師像

絹本著色弘法大師像

【解説】
高野山の真如親王筆の御影の系統に属する作品で,小幅ながらその幅下に高野壇上伽藍の景を描いているのは珍しく,その布置から見て天授3年(1377)の一部伽藍の焼失以前の情景を描いたものと思われ,それから判断して鎌倉時代末期(14世紀前半)の作かと考えられる。

名称 絹本著色弘法大師像
よみがな けんぽんちょくしょくこうぼうだいしぞう
指定 県指定
種別 重要文化財
種類 絵画
所在地 尾道市西久保町
員数 1幅
指定年月日 昭和30年3月30日
構造形式 絹本著色
法量 縦78cm,横39cm
公開状況 非公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする