ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 瀰山原始林

瀰山原始林

【解説】
宮島の主峰をなす瀰山の北斜面は,古来厳島神社の社叢(しゃそう)として特別な保護を受けてきたので,原始林的様相を保っている。瀰山の北山麓には,モミの大木が多く,頂上付近にはツガ林が発達しており,クロバイやウラジロガシなどの常緑広葉樹林も著しい。林内には,アカマツ・シキミ・アセビ・シロダモ・ヒサカキ・アラカシ・イヌガシ・サカキなどが繁茂し,ミヤジマシモツケ・ミヤジマカエデなど固有の植物も生育している。本土に多いクリ・クヌギ・アベマキ類がこの島ではほとんど見られないことも分布上興味深い。この原始林は,わが国の暖・温帯林の代表的なものとして価値が大きいばかりでなく,宮島の景観にとっても重要な要素となっている。

名称 瀰山原始林
よみがな みせんげんしりん
指定 国指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 廿日市市宮島町
員数  
指定年月日 昭和4年12月17日
構造形式  
法量  
公開状況 見学可能
交通案内 ○宮島桟橋から約1.5km
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする