ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 旧万徳院庭園

画像はありません

【解説】
吉川元長(1548~1587)が安土桃山時代(16世紀後半)に建立した万徳院本堂の西と北に所在する庭園。西庭園では旧谷川の地形を生かした大振りな池と中島を造成し,中島を船に見立てている。北庭園は本堂8畳間に付属した小規模な坪庭で,小滝と小池がある。
戦国大名による寺院付属庭園として貴重である。

名称 旧万徳院庭園
よみがな きゅうまんとくいんていえん
指定 国指定
種別 名勝
種類  
所在地 山県郡北広島町
員数  
指定年月日 平成14年9月20日
構造形式  
法量  
公開状況 常時公開(万徳院跡歴史公園)
交通案内 中国自動車道「千代田I.C」から北へ約11km
関連施設 名称 万徳院跡ガイダンスホール「青松」
開館時間 午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日),年末・年始,積雪の多い日
入館料 無料
所在地 山県郡北広島町舞綱
電話番号 0826-83-0126
交通案内 中国自動車道「千代田I.C」から北へ約11km

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする