ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 西禅寺跡

西禅寺跡

【解説】
吉川氏の菩提寺で,15世紀半ば頃の建立と伝えられる。小倉山城跡の南西に位置し,東・西・北の三方に囲まれた南向きの緩斜面を境内としている。東西約70m,南北約60m,面積約4000平方メートル。

名称 西禅寺跡
よみがな さいぜんじあと
指定 国指定
種別 国史跡
種類  
所在地 山県郡北広島町
員数  
指定年月日 昭和61年8月28日
平成9年9月2日(追加指定)
構造形式  
法量  
公開状況 常時一般公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする