ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 伊都岐嶋社内宮調度等注進状草案

画像はありません

【解説】
新たに造営された厳島神社の新社殿に具備すべき荘厳調度・金銅金物以下のものの品名・規格・数量を列挙したものである。鎌倉時代の嘉禎3年(1237)に書かれたもので,差し迫って必要な調度等の予算書ともいうべき性格のものである。
嘉禎2年(1236)の具注暦(ぐちゅうれき,暦日の下にその日の吉凶や季節の変動などを詳しく注記した暦)の裏を利用している。

名称 伊都岐嶋社内宮調度等注進状草案
(嘉禎三年三月)
紙背嘉禎二年具注暦
よみがな いつきしましゃないぐうちょうどとうちゅうしんじょうそうあん
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 典籍
所在地 廿日市市宮島町
員数 1巻
指定年月日 昭和54年6月6日
構造形式 紙本墨書
法量 縦28.3cm,全長9.22cm,
公開状況 非公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする