ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 短刀(銘國廣)

短刀

【解説】
安土桃山時代(1573~1602)の刀匠,堀川國廣(ほりかわくにひろ)作の短刀。堀川國廣は,日本各地を遍歴して作刀した後,慶長年間(1596~1615)の初めから京都一条堀川に住み,多数の門人を抱えて何人もの名工を育てた。その豪放な作風で名声を得,慶長19年(1615)死亡したと伝えられる。
この短刀には年紀がないが,作風から見て,彼の円熟期にあたる慶長7~8年(1603・1604)頃のものと考えられている。

名称 短刀
銘國廣(号堀川國廣)
よみがな たんとう
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 工芸品
所在地 広島市中区上幟町
員数 1口
指定年月日 昭和30年2月2日
構造形式  
法量  
公開状況 非公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする