ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 太田家住宅朝宗亭

太田家住宅朝宗亭

【解説】
太田家住宅朝宗亭は,本宅と道路をはさんで東側に建てられた別宅で,藩主の来訪の際に使用されていた。敷地の西側道路に面して門屋と離屋が並び,門屋の奥に主屋が建てられている。主屋,門屋とも江戸時代,享和元年(1801)頃の建設と考えられる。主屋の東と南は港に面した庭となっていて,前望が開けている。座敷などの造りも良く,本宅ともに鞆の町並みの主要部を構成する町家として価値が高い。

名称 太田家住宅朝宗亭
主屋1棟
門屋1棟
離屋1棟
宅地585.11平方メートル
よみがな おおたけじゅうたくちょうそうてい
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 建造物
所在地 福山市鞆町
員数 3棟
指定年月日 平成3年5月31日
構造形式 主屋/桁行13.8m,梁間10.0m,一部二階,西面切妻造,東面入母屋造,妻入,南東北各面庇付,本瓦葺
門屋/桁行5.9m,梁間2.6m,二階建,切妻造,西面庇付,本瓦葺
離屋/桁行6.0m,梁間7.9m,二階建,入母屋造,北面切妻造,西面庇付,本瓦葺
法量  
公開状況 建物内部は非公開
交通案内 ○JR「福山駅」から「鞆の浦行」又は「鞆港行」バスで「鞆の浦」下車,南西へ約400m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする