ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 復古館頼家住宅

復古館頼家住宅

【解説】
復古館は,春風館の西隣にある。江戸時代後期の文人,頼春風の孫の三郎が分家独立して現在の屋敷を構え,酒造業や製塩業を営んだ。
主屋は安政6年(1859)の建築である。春風館と異なり,道路に面して表屋(店舗),その奥に主屋を配し,両者を玄関で接続する,いわゆる表屋造で,大きな商家にみられる形式によっている。主屋,表屋の西側や背後に臼湯,米蔵などの附属物が建つが,酒蔵などの一部は現在なくなっている。主屋の座敷の前後に庭園をつくっている。復古館は建物の質がよく,家業を反映して表屋造となっており,武家屋敷風の構えの春風館と好対照をなしている。

名称 復古館頼家住宅
主屋(附幣串1本)1棟
表屋及び玄関(附棟札1枚,幣串1本,酒場改築普請帖1冊)1棟
米蔵(附棟札1枚)1棟
臼場(附幣串1本)1棟
附土塀3棟
宅地1,063.63平方メートル
よみがな ふっこかんらいけじゅうたく
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 建造物
所在地 竹原市竹原町
員数 4棟
指定年月日 昭和63年12月19日
構造形式 主屋/二階建,切妻造,桟瓦葺,塗屋造
法量  
公開状況 内部非公開
交通案内 ○JR「竹原駅」から北へ約1km
○山陽自動車道「河内I.C」から南へ約12km
○広島空港から南へ約16km
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする