ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 荒木家住宅

画像はありません

【解説】
構造及び細部の手法から江戸時代中期,17世紀末から18世紀初めの建築と考えられる。比婆郡高野町の堀江家住宅(重要文化財)と梁の組み方は似ているが部材の形はやや新しい。平面は全体の半分を占める土間及び「だや」と床上五室からなっていて,その中の「たかま」は,床を一段高くして神を祀った部屋であり,神官の家としての特性を示している。
荒木家は中世末(16世紀)からこの地へ住み,神官であった。

名称 荒木家住宅
よみがな あらきけじゅうたく
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 建造物
所在地 庄原市比和町
員数 1棟
指定年月日 昭和43年4月25日
構造形式 桁行20.6m,梁間10.9m,入母屋造,茅葺
法量  
公開状況 外観見学可能
交通案内 ○国道432号,庄原市比和支所から北へ約5km
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする