ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成21年度広島県道徳教育指導資料作成委員会(第1回)

事業説明

○事業概要

○年間計画等

協議

○作成方針
 ・広島県道徳教育指導資料作成要領(案)
 ・広島県道徳教育指導資料(地域教材開発の手引)イメージ(案)
 ・広島県道徳教育指導資料(読み物教材。)イメージ(案)
 ・作成手順

○年間計画等

指導・助言

関西学院教育大学 教授 横山利弘

1 次のステップに向けた取組み(広島県)

2 教材開発の意義

(1)教師の指導力(授業づくり)の向上 ※一般的な教材開発の意義

(2)子どもたちの育ちに役立つ道徳の時間の創造(地域教材開発の意義)

3 地域教材開発の留意点

(1)空間的な広がり

(2)資料作成に向けたポイント
 (1)副詞,副詞句を上手に使う
 (2)実際に作ってみないとポイントや手順は見えてこない
 (3)同じ素材でも多様な教材にしていくことができる
 (4)人物を取り上げる際の留意点

4 部会の代表者としての留意点

(1)部会員全員が,平等に意見を言える部会運営を

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする