ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

廿日市市立佐方小学校 成果と課題

  •  アンケート結果から,「道徳の時間に発表するようになった」子どもがふえ,「道徳の勉強は楽しい」「ためになる」と感じるようになってきたことが分かりました。
     「道徳が楽しい」理由として,次のような回答がありました。
    ・いろいろな人の発表を聞いて勉強になる
    ・いろいろなことを考えられる
    ・人の意見と比べられる
    ・自分だったらと考えると楽しい
    ・生活に役に立つ
    「道徳の時間」について研修し,いろいろな工夫を取り入れた成果が,少しずつ表れてきたようです。

  •  「道徳の時間」の子どもの反応から,子どものよさや内面に気づくこともでき,子ども理解を深めることにもつながりました。
  •  さらに,子どもたちの心に響く「道徳の時間」をめざして研修していきます。特に,子どもの心に響く資料を選ぶこと,「どのように自分をみつめさせるか」展開後段のあり方,「どのようにすればねらいとする価値が子どもの心に残るか」終末のあり方について工夫していきたいと考えます。
  •  道徳的実践力が育つことによって,より確かな道徳的実践につながるように,体験活動を充実させ,「道徳の時間」と関連させていく必要があると考えます。
  •  地域の方に直接関わる活動で,子どもたちは心を動かし,いろいろなことを学ぶことができました。体験の中で感じたことや考えたことを表現したり,話し合ったりすることで深め,その後の活動に生かしていけるようにしたいと考えます。

直線上に配置

トップページ 取組みの概要 実践のポイント

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする