このページの本文へ
ページの先頭です。

一般国道191号道路法面崩壊検討会

印刷用ページを表示する掲載日2019年6月21日

一般国道191号道路法面崩壊検討会

平成30年6月6日に一般国道191号(広島県山県郡安芸太田町津浪地内)で発生した法面崩壊による事故を受け,法面崩壊の原因を究明し,対策方法を検討するとともに,再発防止に向けた法面対策のあり方について検討するため,『一般国道191号道路法面崩壊検討会』を設置しており,検討会の実施状況及び検討内容については次のとおりです。

規約・委員名簿

検討会

<第一回検討会>
日時:平成30年6月16日(土曜)
現地調査 13時30分~14時30分
検討会   15時00分~17時00分
検討会会場:川・森・文化・交流センター(山県郡安芸太田町)
内容:崩壊のメカニズムについて、応急復旧工事について
・次第 (PDFファイル)(16KB)
・検討会資料 (PDFファイル)(8.18MB)

<第二回検討会> 
日時:平成30年7月20日(金曜)
10時00分~11時00分
検討会会場:広島県東広島庁舎(東広島市西条昭和町)
内容:法面崩壊の原因究明、本格復旧工法の検討、今後の法面対策のあり方に関する検討
・次第 (PDFファイル)(14KB)
・検討会資料 (PDFファイル)(4.56MB)

<第三回検討会>
日時:令和元年6月12日(水曜)
10時00分~10時30分
検討会会場:広島県庁 北館4階 第二委員会室
内容:斜面区分評価結果について,今後の法面対策のあり方に関する留意点について
・次第 (PDFファイル)(14KB)
・検討会資料 (PDFファイル)(1.87MB)
・今後の法面対策のあり方に関する留意点 (PDFファイル)(53KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする