このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県公共土木施設災害支援制度について

印刷用ページを表示する掲載日2021年2月19日

内容

 広島県が管理している道路・河川などの災害情報を迅速に効率よく収集すること,及び緊急的な対応を速やかに実施するために,広島県公共土木施設災害支援制度を平成19年8月22日より運用しています。

 制度に登録されている支援団体の方が,各地区の被災状況に関する情報収集活動を行いますので,御理解,御協力をお願いします。

支援者の皆様へ

 広島県公共土木施設災害支援制度の支援者の方へ,災害時に被災箇所を把握した際の連絡先等を掲載しております。

 災害時などの際にはご協力をお願いいたします。

第7期の1年延伸について

 広島県公共土木施設災害支援制度の登録・更新は,2年を原則としており,令和3年5月をもって,第7期の満期を迎えますが,新型コロナウイルス感染症対策として,登録・更新手続きの対面・接触機会等をできる限り削減する必要があることから,今期(第7期)の登録期間を1年延伸し,令和3年度は,追加募集及びシミュレーション活動を行わないこととします。

関連資料(ダウンロードファイル)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする